メールマガジン

No.31 2010年3月23日発行

   
 日本ナレッジ・マネジメント学会メールマガジン 第31号

☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆★
 日本ナレッジ・マネジメント学会メールマガジン
 第31号   2010/3/23
☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆★

編集・発行:日本ナレッジ・マネジメント学会(KMSJ)事務局

□ 目次
[学会からのお知らせ]
◆第13回年次大会について
(日本ナレッジ・マネジメント学会 事務局)

◆第13回研究大会のインターネットによるライブ放送のご案内
(日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫)

◆ナレッジマネジメント フォーラム2010
 -低コスト経営時代の情報戦略のあり方とは-
(ナレッジマネジメント フォーラム2010運営事務局)

◆北陸先端科学技術大学院大学より、教員公募のお知らせ

------------------------------------------------------------

◆第13回年次大会について
(日本ナレッジ・マネジメント学会 事務局)

 来る平成22年3月27日(土)に、第13回目の年次大会をあずさ監査
法人あずさセンタービル以下のとおり開催いたします。会員各位
の積極的なご参加をお願い申し上げます。
 開催日が迫っておりますので、これからお申込をされる会員の方は、
電話もしくはE-Mailにて事務局までご連絡ください。

1.開催日時 平成22年3月27日(土)9:30-17:15
2.会  場 あずさ監査法人センタービル4F 研修室
       地図:http://www.azsa.or.jp/profile/center.html#1
3.テーマ  「変革社会への探求」-In Quest of Innovative Society -
4.プログラム
10:00-11:00 特別講演1 木川田一栄(大阪大学 大学教育センター教授)
        「クリエイティブ・ワークプレイス・ダイナミクス」

11:00-11:30 特別講演2 花堂靖仁(早稲田大学大学院教授)
        「WICIとナレッジ・マネジメント」

11:30-13:00 昼食休憩                        

13:00-13:30 会員総会

13:30-14:00 研究報告1 大森 信(日本大学経済学部准教授)
        「5Sを通じた認識についての研究」

14:00-14:30 研究報告2 前川佳一(京都大学大学院経営管理研究部経営研究センター 特定准教授)
        「組織内における技術課題に対するリスク認識の不均質性」

14:30-14:50 (コーヒーブレーク)  

14:50-15:50 研究報告3「知の創造研究部会の事例研究概要」植木英雄(部会長)
?「オムロンの企業理念と知の創造」植木英雄(東京経済大学教授)佐脇英志(経営コンサルタント)
?「花王の知の創造」八代英美(芝浦工大講師)、矢澤洋一(矢澤コミュニケーションオフィス代表)
?「中小企業の経営革新の阻害要因分析と支援の研究」安部博文(中小企業診断士事務所代表)

15:50-16:20 研究報告4 山崎秀夫(野村総合研究所 シニア研究員)
        「ソーシャルテレビ」

16:20-16:50 研究報告5 久米克彦(スズキ(株)監査役)
        「企業事例 自動車産業のKM」

16:50-17:10 学会活動報告及び次年活動計画 田中孝司(KM学会理事) 

17:10-17:15 大会総括  高梨智弘(KM学会副理事長)

17:30-19:00 懇親会(神楽坂フレンチ「サン・ファソン」 参加会費 3,000円)


5.お問い合わせ先 日本ナレッジ・マネジメント学会事務局
TEL:03-3270-0020 E-Mail:kms@gc4.so-net.ne.jp

------------------------------------------------------------

◆第13回研究大会のインターネットによるライブ放送のご案内
(日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫)

第13回年次総会が迫ってまいりました。
今回はビートコミュニュケーションさんの協力を得て総会全体のインターネッ
トによるライブ放送に挑戦致します。(USTREAM + TWITTER使用)

総会のインターネット生中継はWEB学会(2009年12月)、情報処理学会
(2010年3月)、ビジネスモデル学会(同3月)など他学会においても
試みられている事項であり、日本ナレッジマネジメント学会の発表の対象及び
学会のプレゼンスを拡大させる為に必須の手段であると考えられます。

インターネットライブ中継のため、場合によっては途中中断等あるかもしれま
せんが、出来るだけ全てのセッションをライブ中継を試みます。
 

尚、当日は具体的には以下の手順でインターネットにアクセス願います。

大会に参加できない地方会員の皆さま、また東京近辺にお住まいでも
参加の時間が取れない会員の皆さまは、以下のように対処願います。

大会開催時間中は何時でもアクセス可能です。

1、ツイッターへの登録 (必須はありませんがコメント投稿のため必要)
http://twitter.com/ (2分で登録できます。)
 

2、USTREAMへのアクセス (登録不要 、アクセスのみ)
http://www.ustream.tv/channel/kmsjconference/

なおUSTREAM上のツイッター入り口からコメント入力または質問された場合、
ハッシュタグは自動的に#KMSJが付与されます。(後で内容を検索できます。)


質問などを入れて頂ければ、時間があれば講演者に質疑いたします。
以上宜しく対処お願い致します。


------------------------------------------------------------

◆ナレッジマネジメント フォーラム2010
 -低コスト経営時代の情報戦略のあり方とは-
(ナレッジマネジメント フォーラム2010運営事務局)

主催:日本経済新聞社
協力:日本ナレッジ・マネジメント学会
会期:4月20日(火)
会場:東京国際フォーラム
※詳細と事前登録は http://www.nikkei.co.jp/events/km2010/ から

来る平成22年4月20日(火)に東京国際フォーラムにおきまして、
日本経済新聞社が主催する「ナレッジマネジメントフォーラム2010
-低コスト経営時代の情報戦略のあり方とは-」が開催される運び
となり、例年どおり本学会も協力させて頂くこととなりました。

会員の皆様には、コンファレンスを通常の半額でお申し込みいただ
ける会員専用申込書を郵送させていただきます。
今回は、9:00より野中郁次郎先生の基調講演「知流の経営 -実践
知による未来創造-」がございますので、是非ともご参加いただき
たく、ご案内申し上げます。


◎コンファレンス
会 場:ホールB7
定 員:300名
受講料:15,000円(税込、事前登録制)
※ 当学会会員は別途郵送した会員専用申込書でお申し込み頂いた
場合のみ、半額の7,500円で聴講が可能です。

【基調講演】 9:00-10:10
「知流」の経営 -実践知による未来創造-
一橋大学 名誉教授 野中 郁次郎 氏

【講演1】 10:20-11:20
「答えのない時代」を勝ち抜く知識経営
プライスウォーターハウスクーパース株式会社
製造流通サービス事業部 ディレクター 野口 功一 氏

【講演2】 11:20-12:10
人と人をつなぐためのリアルとバーチャルな対話の場の構築
-9年間のナレッジワンダーランド活動にかけた情熱-
マツダ株式会社 ITソリューション本部 オフィスワーク革新部
ナレッジワンダーランド 小林 洋子 氏


◎アドバンストセッション、ワークショップ
(受講無料・Webからお申し込みいただけます)
最先端のITテクノロジーと手法を導入企業の活用事例も交え、具体
的に紹介します。代表的なKMやエンタープライズサーチのシステム
ベンダーがナレッジマネジメントを実現に導くシステム、ソリュー
ションに関する情報を提供します。

その他、12:00-17:30まで当学会もブース出展をする展示コーナー
(入場無料、事前登録の必要はありません)も同時開催します。


◎お問い合わせ先
ナレッジマネジメントフォーラム2010 運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル
Tel:03-6812-8694  Fax:03-6812-8696
Email: km@event-navi.com

------------------------------------------------------------

◆北陸先端科学技術大学院大学 教員公募

国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科では、
下記の要領で社会知識領域の教員を公募いたします。

募集人員:准教授または教授 1名
専門分野:知識経営、経営戦略、イノベーション科学などの研究
     を通じて、社会知識領域における知識科学の開拓に関
     する研究分野
締  切:2010年5月31日(当日消印可)
応募資格:博士の学位を有し、テーマの国際性・学際性に富む上
     記分野の教育および研究に熱意を有する方で、日本語、
     英語を使ってのグローバル・コミュニケーション能力
     のある方。女性または外国人研究者の応募を歓迎いたします。
着任時期:2010年10月1日以降
任  期:10年(再任制度,テニュア制度あり)

必要な応募書類等の詳細、送り先については、下記をご覧ください。
http://www.jaist.ac.jp/jimu/syomu/koubo/management.htm

問合せ先:共通事務室知識科学研究科担当
TEL: 0761-51-1152 FAX: 0761-51-1149
E-mail: ks-dean@jaist.ac.jp

============================================================
[日本ナレッジ・マネジメント学会 メールマガジン]

内容についてのご意見、ご感想などは以下のアドレスにお願いします。
学会アドレス:kms@gc4.so-net.ne.jp

編集・発行:日本ナレッジ・マネジメント学会(KMSJ)事務局(森田隆夫)