メールマガジン

No.36 2010年8月16日発行

☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆★☆☆
   日本ナレッジ・マネジメント学会メールマガジン 
   第36号  2010/8/16
☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆★☆☆
 編集・発行:日本ナレッジ・マネジメント学会(KMSJ)事務局

□ 目 次
◆第2回研究発表大会開催のご案内
◆ホームページをリニューアルしました!
◆新規発足したソーシャルメディア部会が部員を募集します。
◆『ナレッジ・マネジメント研究年報』第10号の投稿募集について

--------------------------------------------------
◆第2回研究発表大会開催のご案内 
(日本ナレッジ・マネジメント学会事務局)


9月25日(土)13:00より、東京経済大学国分寺キャンパスにて
第2回研究発表大会を開催いたします。
共通テーマは「先進企業における知の創造と経営革新」です。
会員の皆様、会員以外の皆様もふるってご参加下さい。
なお、準備の都合がございますので、ご参加いただける方は
ご面倒でも学会事務局までご一報ください。

日時:9月25日(土曜日)13:00-18:30 (12:40 受付開始)
場所:東京経済大学国分寺キャンパス6号館7階大会議室
〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34(JR国分寺駅徒歩12分)
休憩:6号館7階ロビー
参加費:無料(会員・一般)
申込先:学会事務局 E-Mail:kms@gc4.so-net.ne.jp
問合先:第2回研究発表大会委員長:植木英雄
URL:http://www.kmsj.org/news/2010/08/2.html


・第2回研究発表大会プログラム
(各発表は報告25分、質疑5分)

13:00-13:10 開会式
開会の挨拶 森田松太郎(日本ナレッジ・マネジメント学会理事長)
共通テーマについて 大会委員長 植木英雄(東京経済大学教授)

13:10-13:40 発表1 富士通ラーニングメディアにおけるKM(知の創造)活動
―フロネシス・ラーニング―
新藤尚武((株) 富士通ラーニングメディア コンテンツ部 部長)
大島栄作((有)アールシーエス研究所 代表)
 
13:40-14:10 発表2 三技協における知の創造
齋藤 稔(シニアコンサルタント)
 
14:10-14:40 発表3 知の創造研究―花王の事例―
矢澤洋一(矢澤コミュニケーションオフィス 代表)
八代英美(SPRIT CORP VP, 芝浦工業大学院 MOT 講師)
 
14:40-14:50 休憩
 
14:50-15:20 発表4 革新的中小企業とオープン・イノベーション
土屋勉男(NPO法人日本シンクタンク・アカデミー  副理事長)
 
15:20-15:50 発表5 伸び伸び働く社員が変化を支える長寿企業
―鍋屋バイテック―
進 博夫((有)アルシノーバ 代表)
 
15:50-16:20 発表6 知の創造と経営革新:半導体の評価・解析を行う
(株)エリアにおける事例
安部博文(中小企業診断士事務所 代表)
 
16:20-16:30 休憩
 
16:30-17:00 発表7 NECグループにおける知識創造の場とイノベーション
―SWQCからEGMの展開―
荒木聖史 (NEC通信システム(株)  主任)
 
17:00-17:30 発表8 ヒューマン・ヘルスケア企業を目指すエーザイの知識創造活動
高山千弘(エーザイ(株) 理事・知創部 部長)
 
17:30-17:40 休憩
 
17:40-18:30 全体討論・総括
司会:植木英雄(知の創造研究部会長)
発表者・参加者の討論とまとめ

 

◆ホームページをリニューアルしました!
(日本ナレッジ・マネジメント学会事務局)


本学会のホームページを、使いやすく、情報にアクセスしやすいよう
リニューアルいたしました。
アドレスはこれまでと同じく、http://www.kmsj.org/ です。

学会の最新情報はこちらからご覧になれます。
http://www.kmsj.org/news/

活動スケジュールはgoogleカレンダーでも閲覧できます。
http://www.kmsj.org/cal/

各研究部会の説明や公式ページリンク集はこちらから。
http://www.kmsj.org/bukai/

また、会員専用ページを新設いたしました。
大会発表資料などにつきましては、今後はこちらで公開いたします。
(IDとパスワードは、年会費を納入された会員の方に追ってご通知いたします)
http://www.kmsj.org/member/

 

◆新規発足したソーシャルメディア部会が部員を募集します。
(部会長・日本ナレッジ・マネジメント学会専務理事 山崎秀夫)


部会の趣旨

 ソーシャルメディア部会はテレビの完全デジタル移行、新聞や書籍の
インターネット版への移行など、21世紀型のメディアの変化を踏まえた
インターネットを介したコミュニティ運動を対象として活動します。
対象はSNS、ツイッター、ソーシャルテレビ、グーグルテレビ(コネクトテレビ)
などを扱いますが、その上に展開されるソーシャルビジネス、社会規範の
見直し、マーケティングの変化、クラウドソーシングなどをテーマとします。
またインターネットで部会中継を試みます。

部員募集(10名程度)

IT系と社会変革や変動の両方に興味のある方々を募集します。
尚、副部会長をビートコミュニュケーションの村井社長にお願いする
予定ですので、宜しくお願いします。

申込先:学会事務局 E-Mail:kms@gc4.so-net.ne.jp

 

◆『ナレッジ・マネジメント研究年報』第10号の投稿募集について
(『ナレッジ・マネジメント研究年報』 編集委員長 植木英雄)


『ナレッジ・マネジメント研究年報』第10号の投稿(論文および研究ノート)
を募集いたします。2010年7月31日に理事会で承認されました新投稿規程と
執筆要項(学会ホームページリンク先に掲載)に基づき、10月30日までに
投稿原稿とメディアを学会事務局 研究年報編集委員会宛てに送付してください。
なお、投稿原稿は最近年の年次大会、研究発表大会等の発表者以外も投稿
できます。会員の皆さんの奮っての投稿をお待ちしております。


「ナレッジ・マネジメント研究年報」投稿規定
http://www.kmsj.org/news/nenpou_kitei.pdf
「ナレッジ・マネジメント研究年報」執筆要項
http://www.kmsj.org/news/nenpou_youkou.pdf

送付先:
日本ナレッジ・マネジメント学会事務局
研究年報編集委員会 宛
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町3-1-10田中ビル4階

===========================================================
[日本ナレッジ・マネジメント学会 メールマガジン]
<編集後記>
今回のホームページのリニューアルはいかがでしたでしょうか?
まだまだ改善途上です。まだ完全移行されてない部分もあり一部ご不
便をおかけするところもあるかもしれませんがお許し下さい。
今後更に充実させるようスタッフ一同頑張ります。ご感想・ご意見など
いただけたら嬉しいです。
メルマガの内容についてのご意見、ご感想及びメールアドレスの変更など
も以下のアドレスにお願いします。       (編集長 松本 優)
学会アドレス:kms@gc4.so-net.ne.jp

編集・発行:日本ナレッジ・マネジメント学会(KMSJ)事務局(森田隆夫)
問合先 日本ナレッジ・マネジメント学会事務局
TEL:03-3270-0020 E-Mail:kms@gc4.so-net.ne.jp