バックナンバー

メールマガジン

No.66 2013年2月18日発行

☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆★☆☆
   日本ナレッジ・マネジメント学会メールマガジン 
   第66号  2013/2/18
☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆★☆☆
 編集・発行:日本ナレッジ・マネジメント学会(KMSJ)事務局

□ 目 次
◆第16回年次大会について
◆TKF-Russia開催のご案内

--------------------------------------------------

◆第16回年次大会について
(日本ナレッジ・マネジメント学会事務局)

来る2013年3月9日(土)に、國學院大學渋谷キャンパスにて、以下のとおり
第16回目の年次大会を開催いたします。
ぜひご参加いただきたく、お願い申し上げます。

会員の皆様には、年次大会のご案内と年会費のご請求を発送させていただき
ましたので、年次大会への参加申込および会費のお振込をお願い致します。
なお、郵送物が未着の場合は、ご面倒でも学会事務局までご連絡下さい。

開催日時:2013年3月9日(土) 9:30-17:00
会 場:國學院大學渋谷キャンパス 
大会テーマ:「歴史に学ぶ知と企業の社会貢献」
大会委員長:秦 信行 氏(國學院大學経済学部教授)


プログラム:   
9:00
受付開始

9:30-10:00
開会挨拶 大会委員長 秦 信行氏(國學院大學経済学部教授)、森田松太郎(学会理事長)

午前の部 司会兼コメンテーター 大西 幹弘(名城大学経営学部教授)

10:00-11:00
基調講演『先人の叡智に何を学ぶか‐歴史記録にみる貞観地震と日本の社会』
岡田 莊司 氏(國學院大學神道文化学部教授)

11:00-12:00
特別講演『伊勢神宮の式年遷宮に学ぶこと‐<常若>の理念を社会に活かす』
報告1「神宮の式年遷宮の概況と<常若>の理念」
稲 貴夫 氏(神社本廰 本宗奉賛部長・伊勢神宮式年遷宮広報本部事務局長)

報告2「<常若>の理念を写し撮る」
稲田 美織 氏(写真家、エッセイスト)

12:00-13:00   【 昼 食 】 

13:00-13:30   会員総会

研究報告の部 前半司会 植木 英雄氏(東京経済大学経営学部教授)

13:30-14:05
研究報告1「共通善を目指す企業理念活動」
高山 千弘氏(エーザイ理事知創部長)

14:05-14:40
研究報告2「施策から見る中小企業の社会貢献」
堀田 充徳氏(中小企業基盤整備機構中小企業大学校)

14:40-15:15
研究報告3「『知と行動の4行程』モデルによる人材育成モニタリングシステムについて」
安部 博文氏(電気通信大学)

15:15-15:35 【 休 憩 】

研究報告の部 後半司会 石川 昭(青山学院大学名誉教授)

15:35-16:10
研究報告4「日本語の発展と日本的経営」
八代 英美氏(?IMSコンサルティング)

16:10-16:55
研究報告5『企業の持続可能性を社会に伝え共有する統合報告』

「国際統合報告協議会の活動とWICIの役割」
三代 まり子氏(国際統合報告協議会テクニカルマネジャー)

「ベンチャービジネスに求められる統合報告」
瀧口 匡氏(ウエルインベストメント?代表取締役社長)

----------------------------------------------------------------------
研究部会報告の部(別会場)前半司会 澤谷 みち子氏

13:35-14:10
研究部会報告1「トランコムの研究」
西浦 道明氏(?アタックス代表取締役)

14:10-14:45
研究部会報告2「道(do)から学ぶ日本の強み」
小野瀬 由一氏(VERSTA専務理事)

14:45-15:20
研究部会報告3「歴史の転換点を迎えたスマート革命とサービス支配論理」
山崎 秀夫氏(日本ナレッジ・マネジメント学会専務理事)

15:20-15:40 【 休 憩 】

研究部会報告の部 後半司会 小野瀬 由一氏

15:40-16:15
研究部会報告4「女性のキャリアを豊かに-組織に多様な成長へ」
澤谷みち子氏(一般社団法人ウイメンズメンターバンク代表理事)

16:10-16:50
研究部会報告5「組織認識論部会報告」
筒井万理子氏(近畿大学経営学部准教授

----------------------------------------------------------------------

16:55-17:00   閉会挨拶 高梨智弘(日本ナレッジ・マネジメント学会副理事長)

17:30-19:00   懇親会(参加費3000円)

※プログラムは当日に変更されることがございます。

 

◆TKF-Russia開催のご案内
(日本ナレッジ・マネジメント学会事務局)

2012年10月23日発行のメルマガ第62号にて、延期のご案内をさせて頂きました
TKF-Russiaですが、関係者の尽力により、今春開催の目処が付きましたので、
以下のとおりご案内をさせて頂きます。
なお、本会会員からの発表希望者および参加希望者の再募集につきましては、
ご面倒でも学会事務局まで直接お問い合わせ頂きますよう、お願いいたします。


1.名称:「The Knowledge Forum 2013 Russia(Uradivostok)」

2.大会テーマ:
「21世紀のアジア・太平洋地域における持続的発展に果たす知の経営(KM)の役割と展望」

3.主催:ロシア連邦極東大学
  共催:日ロ極東フォーラム(同時開催)

4.開催時期:2013年4月29日(月)?30日(火)を予定

5.開催場所:ロシア連邦ウラジオストク市連邦極東大学新キャンパス

6.参加費:懇親会費用として5000円程度

7.プログラム案
第1日
午前中に基調講演および特別講演、午後に講演4コマを予定
また、夜に日ロ極東フォーラムと相乗りで懇親会を開催

第2日
日ロ極東フォーラム内の2コマをKM学会からの発表者発表
    
8.日本側参加者:20名?30名を予定

9.発表形式:
日本側発表は日本語で行い、逐次通訳。
ロシア側発表はロシア語で行い、日本語逐次通訳
日ロ以外の発表は英語にて行い、ロシア語逐次通訳

10.旅行日程:
ロシア旅行社による団体ツアーを企画予定
4月27日?5月1日 シベリア航空(成田空港発着)
現地ではウラジオストク市内ホテルに宿泊 食事は全食用意
ホテルから会場までバスにて送迎

本件についての問合先:日本ナレッジ・マネジメント学会事務局
電話03-3270-0020 E-Mail:kms@gc4.so-net.ne.jp


------------------------------------------------------------

============================================================
<編集後記>
メルマガの内容についてのご意見、ご感想及びメールアドレスの変更などは
以下のアドレスにお願いします           (編集長 松本 優)

学会アドレス:kms@gc4.so-net.ne.jp
編集・発行:日本ナレッジ・マネジメント学会(KMSJ)事務局(森田 隆夫)
問合先 日本ナレッジ・マネジメント学会事務局
TEL:03-3270-0020 E-Mail:kms@gc4.so-net.ne.jp