バックナンバー

メールマガジン

No.102 2016年9月12日発行

☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆★☆☆
   日本ナレッジ・マネジメント学会メールマガジン 
   第102号  2016/9/12
☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆★☆☆
 編集・発行:日本ナレッジ・マネジメント学会(KMSJ)事務局

□ 目 次

◆巻頭言◆電通大生が教える小中校生のためのプログラミング教室の話
◆実践ナレッジ・イノベーション研究部会第8回2016年9月26日(月)のご案内
◆知の創造研究部会第37回10月7日(金)開催のご案内
◆東京工業大学より、教員の公募(教授)のお知らせ
◆学会誌『ナレッジ・マネジメント研究』第16号の投稿募集

--------------------------------------------------
◆巻頭言◆電通大生が教える小中校生のためのプログラミング教室の話

 今号の巻頭言は、新たに理事に就任された電気通信大学特任教授の安部博文
氏にお願いしました。タイトルは「電通大生が教える小中校生のためのプログ
ラミング教室の話」です。ぜひお読みください。

●詳細は⇒ http://www.kmsj.org/archive/magazine102_1.pdf

 

◆実践ナレッジ・イノベーション研究部会第8回2016年9月26日(月)のご案内
(日本ナレッジ・マネジメント学会理事 廣瀬 文乃)

 第8回実践ナレッジ・イノベーション研究部会を2016年9月26日(月)18:30-
20:30に一橋大学(千代田キャンパス)一橋講堂特別会議室において開催します。

 今回は、前半で8月20-21日に行った遠野での合同合宿での学びの共有、後半
で、「人間力」をテーマにプレイフルネスのワークと知識創造理論の観点から
の解説を行う予定です。身体を使うワークと解説を通して、SECIプロセスを実
感して頂く趣向です。今回初めての方もご参加頂けますので、楽しいこと、新
しいことを始めたいという方はぜひお誘いあわせの上、ご参加をお願いします。

 終了後は有志で懇親の場を設けますので、ご参加をご希望の方は合わせてご
連絡下さい。よろしくお願いします。

        --ーーーー記ーーーーー
日時:2016年9月26日(月)18:30?20:30(18:00より受付開始します)
会場:一橋大学(千代田キャンパス)一橋講堂特別会議室
最寄駅:竹橋駅、神保町駅

 出欠の連絡はメールでお願いいたします。Facebookで参加を表明して下さる
方もお手数ですがメールでご一報をお願いします。

宛先:jissenchi@valuecocreation.co.jp(世話人の伊藤さん宛です)
件名:実践ナレッジ・イノベーション研究部会 第3回研究部会参加申込み

メール本文に以下の内容を記載して下さい。
お名前:
メールアドレス:
研究部会に 出席/欠席 (どちらかを消して下さい)
懇親会に 出席/欠席 (どちらかを消して下さい)

 

◆知の創造研究部会第37回10月7日(金)開催のご案内
(知の創造研究部会長 植木英雄)

次回第37回研究部会は10月7日金曜夜6時から大手町ビル会議室
533号室で開催します。(予定カレンダーにマークをお願いします。)

今回は特別講師として2名の専門家に講演をしていただきます。
講演? 福岡 秀幸氏 リンクデザイン株式会社社長
福岡氏は、元NEC時代に創設されたEGMフォーラムの創始者として
よく知られている方です。EGMについては、3月の本学会年次大会で
荒木さんがワークショップを実施されましたように、現在オープンに
展開されています。
福岡産はイノベーションについて講演されます。詳細な論題については、
次号でお知らせ致します。

講演? SBFコンサルティング会社代表 氏家 豊氏
氏家氏はシリコンバレーで起業をされ、最近下記のご著書を上梓されて
います。講演ではその要点を講演していただきます。『イノベーション・
ドライバーズ: IoT時代をリードする競争力構築の方法』

講演後にお二人の講演テーマに関連して質疑討論の場を設けます。
皆さんの参加をお待ちしております。

参加希望者は、会場、資料の準備上下記までご連絡をしてください。
植木部会長 h-21ueki@tku.ac.jp

 

◆東京工業大学より、教員の公募(教授)のお知らせ
(日本ナレッジ・マネジメント学会事務局)

 東京工業大学より教員公募(教授)の通知が参りましたので、会員の皆様へ
お知らせ致します。

●教員の公募(教授)
 東京工業大学
 工学院ヒューマンセントリック・グループ
 ヒューマノミクス・フィールド
(経営工学系担当)

1.公募人員 教授1名
2.所属 工学院経営工学系
3.教育担当系・コース 工学院経営工学系・経営工学コース
4.研究グループ等 工学院ヒューマンセントリック・グループ、ヒューマノ
  ミクス・フィールド(ヒューマンセントリック・グループは工学院におけ
  る系横断の研究グループです)
5.専門分野 経営管理、経済学に関する分野のうち、特に人とイノベーショ
  ンに関する分野(イノベーション論、経営組織・戦略論、ヒューマノミク
  スなど)
6.職務内容 学部及び大学院の教育と研究
7.着任時期 平成29年4月以降
8.任期 なし(本学の定年は65歳)
9.給与 本学の規定により支給(月給制)
10.応募資格 博士の学位を有すること。東京工業大学は、多彩な人材を確
  保するため,全ての研究分野で、外国人や女性の参画する均等な機会を確
  保しています。
11.提出書類
 ○履歴書(受賞歴を含む。email addressを記入のこと。)
 ○研究業績調書(発表論文、著書、国際会議・国内会議発表、招待講演など
  の業績リスト,学会活動(所属学会、役職、大会等の運営実績等)、社会
  貢献活動(政府・行政委員会委員、企業等との受託研究・連携実績、役職
  等)などを記載すること。なお、査読付きとそれ以外に分けること。共著
  者がいる場合は全著者名を掲載順に記載すること)
 ○主要論文別刷り及び著作(5点以内, h指数(h-index)を含めること)
 ○研究と教育に関する業績の説明 (A4サイズ2頁以内)
 ○研究計画と教育に関する抱負(着任可能時期も明記) (A4サイズ2頁以内)
 〇外部資金獲得状況(科研費等の補助金、受託研究費、共同研究費等。資金
  名、研究課題、実施期間、代表者・分担者の区別、予算額(分担者の場合
  は全体額と本人配分額)を記載のこと)
 ○照会可能者4名(国内2名,国外2名)の氏名と連絡先
12.応募締切 平成28年10月28日(金)必着
13.応募書類送付先 〒152-8552 目黒区大岡山2-12-1 W9-66
  東京工業大学・工学院経営工学系 飯島淳一
  電話 : 03-5734-3942  
  Email: Iijima.j.aa[at]m.titech.ac.jp ([at]を@に置き換えてください)

 

◆学会誌『ナレッジ・マネジメント研究』第16号の投稿募集
『ナレッジ・マネジメント研究』 編集委員長 植木英雄

学会誌『ナレッジ・マネジメント研究』第16号の投稿(論文,研究ノート,
ケーススタディ)を募集いたします。
投稿規程と執筆要項(学会ホームページリンク先に掲載)に基づき、
2016年12月20日(火)までに投稿原稿とメディアを本学会事務
局 学会誌編集委員会宛てに送付してください。

なお、投稿を希望される方は、10月31日(月)までに投稿の意思と
題名を編集委員長まで事前にメールでお知らせ願います。
(編集計画の参考にさせていただきます。)

次号より、ケーススタディも投稿を募集いたします。
会員の皆さんの奮っての投稿をお待ちしております。

『ナレッジ・マネジメント研究』投稿規定
http://www.kmsj.org/news/nenpou_kitei.pdf
『ナレッジ・マネジメント研究』執筆要項
http://www.kmsj.org/news/nenpou_youkou.pdf

以上。


------------------------------------------------------------

============================================================
<編集後記>
メルマガの内容についてのご意見、ご感想及びメールアドレスの変更などは
以下のアドレスにお願いします。          (編集長 松本 優)

学会アドレス:kms@gc4.so-net.ne.jp
編集・発行:日本ナレッジ・マネジメント学会(KMSJ)事務局(森田 隆夫)
問合先 日本ナレッジ・マネジメント学会事務局
TEL:03-3270-0020 E-Mail:kms@gc4.so-net.ne.jp
     〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-3-3 CMビル9階
     E-Mail:kms@gc4.so-net.ne.jp